松屋銀座、「与勇輝展」開催。人形創作の半世紀を辿る

与勇輝
たま (2015)


 
2018年3月21日(水・祝)~4月10日(火)の期間、松屋銀座8階イベントスクエアでは、「パリ開催・傘寿記念 与勇輝展 創作人形の軌跡」が開催されます。
 
日本が世界に誇る人形作家、与 勇輝(あたえ ゆうき)さん。与さんの手から生まれる人形たちは、国や世代を超えて多くの人々を魅了し、観る人々に様々な言葉や思いを語りかけ、優しい空気で包み込みます。
 
現在80歳を迎え、傘寿記念展をパリの日本文化会館で開催(2018年2月9日~3月3日)。その後、帰国展として日本国内で8年ぶりに開催されるのが本展覧会です。
 
本展では、「灰かぶり」(1970)など初期の作品から、人気のある郷愁シリーズより「置屋のみね」(1985)や「おやつ」(1994)、また大作「椿峠の合戦」(1988)など代表作約 80点と、近年から今現在までの新作約70点の計150点あまりが展観されます。
 
1965年に創作人形づくりを始めて52年。半世紀にわたる創作活動の軌跡をたどる、与 勇輝さんの集大成となる傘寿記念展です。ぜひ、ご期待ください。
 

与勇輝さん

与勇輝さん

開催概要

展覧会名 「パリ開催・傘寿記念 与勇輝展 創作人形の軌跡」
作品内容 初期の作品から現在までの新作で半世紀にわたる作家活動の軌跡をたどる。代表作と新作あわせて約150点で構成し、現在進行形の与さんの創作人形の世界を展観する。
パリ展 会期:2018年2月8日(金)~3月3日(土)
会場:パリ日本文化会館
日本展 会期:2018年3月21日(水・祝)~4月10日(火)
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
※その後、全国百貨店・美術館等を巡回予定
主催 テレビ朝日、テレビ朝日映像、松屋銀座、博報堂DYメディアパートナーズ
Top