日本橋の寿司屋がプロデュース!こだわりの鯛スープで作るラーメン店『麺屋ま石』がオープン

sub1

 

日本橋の寿司屋がプロデュース!
こだわりのスープで作るラーメン店屋ま石』がオープン

 

築地や日本橋、銀座を中心に飲食店を展開する築地虎杖(つきじいたどり)は、「鯛」の旨みを最大限に引き出したこだわりの鯛らーめんを提供する『麺屋ま石(めんやまいし)』を2018年4月10日、銀座4丁目にオープン。当店は、築地虎杖が手掛ける寿司店「日本橋ま石」がプロデュースするラーメン店。和食の技法を取りいれ、日本の食文化を随所に味わえる一杯をご提供します。

 

『麺屋ま石』ホームページ:http://maishi.jp/

鯛らーめん 1,000円

鯛らーめん 1,000円



鯛らーめん 1,000円

日本の食文化を贅沢に味わ「鯛」の旨みたっぷりのこだわりのスープ                 
新店舗『麺屋ま石』は、寿司店「日本橋ま石」がプロデュースした新感覚のラーメン店です。「ネタ」と「シャリ」、お互いが素材の良さを最大限に引き出す寿司のように、余計なものは使わず「鯛」の旨みを最大限に引き出すため、良質な「塩」と厳選した「昆布」(利尻産)を使用。鯛の旨みがたっぷりのシンプルで上品なスープに仕上げました。鯛の風味が口いっぱいに広がり奥行きを感じる鯛らーめんは、素材の持つ良いところをさらに高めることが出来る和食の極意を感じる贅沢な一杯です。

 

sub3国内発のラーメン店が続々と海外展開を図るなど、ラーメンは今や寿司に次ぐ日本食の顔とも評されます。グローバルでも人気を博すラーメンの新しい魅力を、ぜひ『麺屋ま石(めんやまいし)』でお楽しみください。

 

 

寿司を嗜むようにラーメンを嗜んでいただく麺屋ま石こだわり                             
sub4東京の中心的存在で、古き良きものと世界の最先端が交差する街「銀座」に『麺屋ま石』はオープンします。
「なにも足さない なにも引かない」をコンセプトに、産地にこだわった食材を素材同士の組み合わせや素材に合った調理方法を考え、素材に対してはそっと手を添えて手助けする・・・そんな感覚でらーめんを作っていきたいと考えています。「和」の洗練された食空間と心づくしのおもてなしをお客様にお届けします。

 

メニューは「鯛」の旨みを余すところなく引き出したスープで作った鯛らーめんをはじめ、駿河湾産高級桜海老を使ったかき揚げの芳醇な香りが食欲をそそる「桜海老鯛らーめん」や、国産雲丹を贅沢にトッピングした濃厚な味わいの「雲丹三種盛り鯛らーめん」など、まさに素材を活かしたらーめんを揃えました。

 

また、モダン和風のスタイリッシュな店内は、カウンターで7席だけ。まるで老舗の寿司店で寿司を嗜むようにらーめんを味わっていただける空間です。
麺屋ま石おすすめメニュー

桜海老鯛らーめん 1,300円

桜海老鯛らーめん 1,300円

 

  • 桜海老鯛らーめん・・・1,300(税)

駿河湾産の高級桜海老をふんだんに使ったかき揚げをトッピングしたらーめん。揚げたてのかき揚げをお客様の目の前でらーめんに乗せるので、乗せた瞬間から桜海老の香ばしい香りがふわっと広がり食欲をそそります。

雲丹三種盛り 2,500円

雲丹三種盛り 2,500円

 

  • 雲丹三種盛り鯛らーめん・・・・・2,500円(税込)

爽やかな磯の香り、濃厚な甘み、とろけるような食感の国産雲丹をたっぷりトッピング。らーめんの上でしゃぶしゃぶ状態になった雲丹には軽く火が通った状態となり、さらに旨みが増して濃厚な味わいです。上品な鯛スープと雲丹の甘みが絶妙にマッチした贅沢ならーめんです。

 

<店舗情報>
店名:麺屋ま石
営業時間:月〜金 11:30〜15:30(L.O15:00)/17:00〜22:30(L.O22:00)土日祝 11:30〜21:30(L.O21:00)

 

定休日:無休(状況により定休日を設ける可能性あり)
住所:東京都中央区銀座4-4-1 銀座Aビル1階
席数:7席(カウンター席のみ)
電話:03-3563-0377
URL:http://maishi.jp/
地図

株式会社虎杖東京について

設立 2002年11月
代表者 代表取締役 : 黒瀬 啓介
本社所在地 〒 104-0045  東京都中央区築地4-14-18 妙泉寺ビル2F
展開店舗数 43店舗
事業内容 飲食店の企画・開発・運営
公式ホームページ http://www.itadori.co.jp/
公式インスタグラム https://www.instagram.com/itadori.tokyo/

 

Top