夏こそ鍋を食べよう!「赤から」から新登場の美容鍋を試食してきました!

IMG_2879

「おいしさと楽しさの創造企業」、株式会社甲羅が全国に261店舗を展開する居酒屋「赤から」。

「夏こそ鍋を食べよう!」という文化を築くことを目標に発足された「赤から15周年プロジェクトチーム」が、5月14日(月)〜7月13日(金)の期間限定で全く新しい美容鍋2品を提供します。この発売を記念して試食会が開催されましたので、今回はその様子をお伝えいたします。

 

“健康的な美しさ”を意識した美容鍋

日本のお祭りを彷彿とさせる店内風景

地方のお祭りを彷彿とさせる店内。デザインコンセプトは店舗ごとに異なる

地方のお祭りを彷彿とさせる銀座店内。デザインコンセプトは店舗ごとに異なる

「赤から」といえば、何といっても名古屋の味噌と唐辛子を使った辛い鍋。夏にはどうしても需要が下がるイメージの鍋ですが、「赤から」の鍋は低カロリーで食物繊維が豊富、カプサイシンによる代謝アップも期待できるなど、隠れた“美人食” “健康食”としての側面があります。

美容・健康に関心が高まる夏だからこそ、鍋を食べて代謝アップでシェイプアップ!2018年夏、満を持して「赤から」が提供する“美人鍋”、さっそく試食させていただきました。

 

四川風デトックス鍋 1,290円(一人前)

IMG_2855

IMG_2862



ふわりと立ち上る花山椒の香りが店内に漂い、食欲を刺激します。こちらは唐辛子のピリリとした辛さが楽しめる四川風激辛鍋。刺激的な辛さの中に深みのある肉味噌の旨味が感じられ、お箸が止まりません。花山椒の「麻」の辛さと唐辛子の「辣」の辛さが同時に楽しめるだけではなく、代謝アップとデトックス効果が見込まれ、つやつや美肌になる効果があるようです。

辛さはお好みで調節できる(10段階)ということなので、辛いものが苦手な方も安心ですね。

 

トマトチーズ鍋〜モッツァレアチーズ付〜 1,290円(一人前)

IMG_2852

IMG_2861

ドカンとまるごと入ったトマトが圧巻のトマトチーズ鍋。一口含むとフレッシュトマトの爽やかな酸味が広がり、ピリ辛なスープと絶妙に絡みあいます。ローズマリー、タイムなどの香草も加わり、抗酸化作用でぷるぷる美肌&美白効果と新陳代謝の促進が期待できます。

 

IMG_2887

添えられたモッツァレラチーズをしゃぶしゃぶのようにスープに通していただきます。さらにコクうまになったスープで鶏モモや豚バラをいただくのがおすすめ。男性も納得も満腹感です。

 

「赤から鍋を30日間食べてみた」報告

赤からアンバサダー・ひかぷぅさん

赤からアンバサダー・ひかぷぅさん

試食会では、30日間赤から鍋を食べ続けて、その様子をSNSで情報発信してきた「赤からアンバサダー」からの報告会もありました。「毎日食べて、飽きないの?」とつい思ってしまいますが、渋谷区観光大使のひかぷぅさんは

「正直に言うと飽きなかったですね。毎日違う具材でアレンジしたり、辛さを調節したり・・・私はほとんど一番辛い『10辛』だったんですけど(笑)。30日間のレパートリーの中でも、イカとホタテの海鮮鍋が赤からさんの秘伝の味噌にとても合ってすごくおいしかったです」

とその工夫の軌跡を語ってくださいました。

 

美容師・モデルの川口竜司さん

赤からアンバサダー・川口竜司さん

クールな物腰が印象的な美容師の川口さん。

「この企画に合わせてちょうどトレーニングを再開したのですが、この30日間で筋肉量が3kg増えて、体脂肪が4%ほど減りました。赤から鍋で1kg近くは毎日肉と野菜を食べていたと思いますが、丸みを帯びていた顔のラインも変わって、『痩せたね』と言われるようになりました。僕としては大満足の結果です」

と具体的な数値で体質の変化を語り、これについてはひかぷぅさんからも「30分半身浴しても汗をかかなかったのが、5分ぐらいで汗が出てくるようになった。代謝がよくなった」と喜びの報告がありました。

 

栄養学や美容学的な視点で検証

ミス日本コンテスト事務局ビューティープロデューサー 和田あいさん

ミス日本コンテスト事務局ビューティープロデューサー 和田あいさん

試食会の最後には、『美人食』の著者である和田あいさんから、赤から鍋と「美人食」の提唱する栄養学・美容学との相関について解説がありました。

和田さんの提唱するミス日本式の「美人食」は、肉、海藻、豆類、油などの9品目の栄養素をバランス良く盛り込んだ料理を「お腹いっぱい食べる」ことで、健康的に引き締まった身体を作るというもの。

「『美人食』の観点からも、鍋は9品目の栄養素を一度に摂取しやすいのでオススメです。ミス日本式では代謝を上げることも重要なのですが、赤からさんの鍋は唐辛子や花山椒でしっかりそのサポートをしていただけるので、私は最適だと思いますね」

 

「美のプロ」も太鼓判を押す赤から鍋の効用。美容と健康が気になる夏だからこそ、熱〜い鍋を食べにいこう!
そんな新しいトレンドの先端が、この「美容鍋」なのかもしれません。

ぜひ皆様も足を運んで、「熱い!辛い!」と楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

・店舗概要

IMG_2889

店名 赤から 銀座店
所在地 東京都中央区銀座3-2-15 ギンザグラッセ7F
営業時間 月~金
16:00~23:30
(L.O.22:45)
土日祝
15:00~23:00
(L.O22:45)日曜営業
電話 03-3535-3232

夏だから「赤から」へいこう!企画ページhttp://www.akakara.jp/lp/summer/

Top