20社以上の専門業者が出店 アンティーク時計好き集まれ! 東京・銀座で「アンティーク時計フェア」が8月4日・5日開催

img_160448_1

アンティーク時計イメージ

 

時計関連の雑誌、MOOKの出版および電子出版のプロデュースを行う株式会社シーズ・ファクトリーが発行する、業界唯一のアンティークウオッチ専門誌「LowBEAT(ロービート)」では、アンティーク時計の魅力をよりリアルに体験していただくことを目的に初の販売イベントを開催します。

イベントでは、ロレックスやオメガなどの海外ブランドからセイコーなどの国産ブランドまで、1970年代以前に製造されたアンティークウオッチが販売されるだけでなく、俳優の木下ほうかさんをゲストに招いたトークセッションをはじめ、島根県にある私設時計博物館「ヴォガ ウォッチミュージアム&カフェ」( http://voga-museum.com )に所蔵される希少なアンティークウオッチの出張展示、さらにアンティークショップのケアーズ技術者による精度調整ならびにパーツ製作のデモンストレーションや無料メンテナンス診断(先着順)などのミニイベントも企画しています。

 

■「LowBEAT アンティーク時計フェア in 銀座」開催概要

日程   : 2018年8月4日(土)・5日(日)

時間   : 4日(土) 10:00 ~ 17:00 (10~12時はアーリータイムチケットが必要)



5日(日) 10:00 ~ 16:00 (14時より無料開放)

会場   : 銀座フェニックスプラザ( http://www.phoenixplaza.co.jp )

〒104-8139 東京都中央区銀座3-9-11

東京メトロ銀座線、丸ノ内線、日比谷線「銀座駅」より徒歩2分

主催   : LowBEAT アンティーク時計フェア in 銀座 実行委員会

特設サイト: http://event.lowbeat.jp

 

■チケット情報

アーリータイムチケット:6,000円(税込)

(8月4日(土)の10:00~12:00の優先入場チケット)

一般チケット:1,000円(税込)

(8月4日の12:00以降入場が可能なチケット)

※チケットはイベント当日、会場入り口で9:30より販売を開始。

※チケットは2日間の通し券です。また5日の14時以降は無料開放となります。

※小学生以下は入場不可。

 

■出店者一覧

ITEM(アイテム) / Arbitro(アルビトロ) / アンティークギャラリー MJQ /

Antique Sugai(アンティーク スガイ) / アンティーク ムーン・チャイルド /

FMWV 古時計買交会(アンティーク・ウォッチ・モキタス) / M.P.C /

L o’clock(エルオクロック) / Curious Curio(キュリオスキュリオ) /

Cool Auction(クールオークション) /

CROWN MANIAX TOKYO(クラウンマニアックス トウキョウ) /

CRONOS(クロノス) / CARESE(ケアーズ)/タイムベース /

DISCOVERY Watch 博多(ディスカバリーウォッチ) /

太安堂本店 / BQ / PRIVATE EYE’S(プライベートアイズ)/ムーンフェイズ /

リベルタス / レガロ ヴィンテージ ウォッチ …and more

 

≪LowBEATとは≫

機械式腕時計の黄金期ともいわれている1970年代以前の名機に焦点を当て、その魅力を多角的に紹介する業界唯一のアンティークウオッチ専門誌。

2012年4月の創刊以降、4月と10月に年2回発行されており、現在、最新号No.13が絶賛発売中。

 

img_160448_2

ロービート表紙


Top