画業25周年・芸能生活45周年記念「片岡鶴太郎展 顔-faces-」松屋銀座で12月27日~開催!

①片岡鶴太郎と鯉不二

片岡鶴太郎と《鯉不二》
 
松屋銀座8階イベントスクエアでは、2018年12月27日(木)~2019年1月14日(祝・月)の期間、画業25周年・芸能生活45周年記念「片岡鶴太郎展 顔-faces-」を開催します。
 
ある時は俳優の顔、またある時は芸人として活躍する一方で、画家や書家としての顔も持つ片岡鶴太郎。昨年はインド政府公認ヨガインストラクターの称号を取得し話題となり、そのマルチな才能と活動の領域はとどまることを知りません。
 
2019年は片岡鶴太郎にとって、画業25周年と芸能生活45周年を迎える記念すべき年となります。本展では「顔-faces-」をテーマに、これまでに創作された代表作や新作を含む100点以上を展観します。
 
今回の展覧会のイメージとして描かれるのは富士山。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、日本の顔である富士山と長寿で知られる鯉を、加賀白山紬に描き染めた作品です。また、画家・鶴太郎の原点といえば、椿。25年にわたり描き続けてきた椿で構成する「椿の回廊」を設け、観る人を魅了する空間へと誘います。
 

片岡鶴太郎《雪椿》


片岡鶴太郎《雪椿》


 
片岡鶴太郎《ゴリラ》

片岡鶴太郎《ゴリラ》


 
片岡鶴太郎《千年の恋 源氏物語》

片岡鶴太郎《千年の恋 源氏物語》


 
片岡鶴太郎《彩雲》

片岡鶴太郎《彩雲》


 

展覧会概要

 

展覧会名 画業25周年・芸能生活45周年記念「片岡鶴太郎展 顔-faces-」

会期 2018年12月27日(木)~2019年1月14日(祝・月)

会場 松屋銀座 8階イベントスクエア(中央区銀座3-6-1) 
https://windam.smartseminar.jp/cc/0m4Y2O0w129ptzz

開館時間 10:00~20:00
※12月30日(日)は午後7時30分閉場
31日(月)は午後6時閉場
1月1日(祝・火)は休業
2日(水)は午前9時30分開場・午後7時30分閉場
6日(日)は午後7時30分閉場
最終日14日(祝・月)は午後5時閉場。
※入場は閉場の30分前まで。

休館日 月曜日※8月13日(月)は開館

入場料 一般 1,000 (700)円、高校生700(500) 円、中学生 500(400)円、小学生 300(300) 円
※( )内は前売料金。前売券はヤフーパスマーケット、 ローソンチケット、 セブンイレブンにて 12 月 26 日まで販売。

 

Top