北海道・十勝産チーズを使用したオリジナルメニューが登場!「とかちーずまつり」取材レポート

フィンガービーフ

北海道・十勝産チーズを使用した多様なメニューが味わえる「とかちーずまつり」が2/4~2/28の期間、都内11施設の52店舗で開催されています。
 
今年で2回目の開催となる同イベントですが、今回は十勝のチーズメーカー4社・全25種のチーズが参加。各店舗がそれぞれ厳選したチーズを用いてオリジナルメニューを提供します。
 
ココシル編集部は銀座の3店舗を取材しましたので、その様子をお伝えします。
 

BISTECCHERIA ENOTECA OSTERIA IL MORO イルモーロ

 
銀座ベルビア館の8Fにあるこちらのお店は、イタリアで修業された高井登シェフが手掛ける本格イタリアンレストランです。ビステッカと呼ばれる骨付きステーキや手打ちパスタを味わうことができます。
 

テーブル席


大きな窓から自然光が入り込むテーブル席


 
カウンター席

シェフにお話を伺いながらお食事できるカウンター席


十勝モッツァレラのカプレーゼ イルモーロスタイル ¥2,160(ディナータイム限定で提供)
カプレーゼ
 
素材にこだわる高井シェフが選んだのは、乳牛の飼育からチーズの加工・販売までを一貫して行う「半田ファーム」のモッツァレラ。イタリアが原産のモッツァレラですが、今回用いているチーズは国産ということでよりみずみずしくフレッシュです。そこにフルーツトマトとバジリコ、さらにオリジナルソースを加え、素材の旨味を存分に活かした一皿となっています。高井シェフによると、ソースはガーリック・ナッツ・フレッシュトマトをローストし、そこにオリーブオイルを混ぜ込んでいるそう。
 
ジューシーなモッツァレラ、身がしっかりしていながら旬のため甘いフルーツトマトにソースがコクと深みを加えています。さらにアンチョビフィレが絶妙なアクセントとなっています。
 

 

シュタインハウス銀座

 
同じく銀座ベルビア館の8階に位置するシュタインハウスはドイツビール&ワイン専門店。ドイツから直輸入されたビールやハム・ソーセージを楽しむことができます。
 

ドイツビールを気軽に味わえるカウンター

ドイツビールを気軽に味わえるカウンター


 
ヨーロッパから輸入された家具を配置した落ち着いた空間

ヨーロッパから輸入された家具を配置した落ち着いた空間


十勝クリームチーズのスフレ ¥1,058(1日限定15食・ディナータイム限定で提供)
銀ベ_シュタインハウス銀座_C01
 
チーズブランド「十勝野フロマージュ」のクリームチーズを使用したこちらのスフレは、チーズのふくよかな香りを残しつつも滑らかで軽い食感。チーズのほのかな酸味に加わり、季節のフルーツ・苺ソースでさわやかに仕上げられているので、お肉をたっぷりと使用したボリューム満点のドイツ料理のあとでもぺろりといただけてしまいます。
 

 

WINEHALLGLAMOUR(ワインホールグラマー) 銀座

 
ニッタビルの地下1階に入るこちらの店内は古城のワインセラーをイメージ。200種類以上のワインと本格的な肉料理を堪能できるワインバルです。
 

ワインで埋め尽くされた店内

中央にはワイングラスのシャンデリア


 
ゆっくりとくつろげるボックス席

ゆっくりとくつろげるボックス席


牛フィンガーミートのステーキフォンデュ ¥2,700(1日限定5食)
 
フィンガービーフ
 
通常、焼肉屋では「中落ちカルビ」と呼ばれる赤身の多いお肉にコクのある「NEEDS」のラクレットを合わせた一皿。3カ月熟成させたなめらかなチーズをたっぷりとお肉につけていただきます。脂身の少ないお肉ですので濃厚なチーズとよく合います。お野菜も豊富に摂れるうえ、お肉の下にはフライドポテトが敷き詰められているので味だけでなく量にも大満足です。
 
十勝チーズとパルマ産プロシュートのフリッタータ ¥853
 
フリッタータ
 
ワインホールグラマーではもう一品いただきました。「NEEDS」の槲(かしわ)というチーズ、ジャガイモ、刻んだプロシュートが入ったオムレツです。槲は生乳を4カ月以上じっくりと熟成させて作られており、コクがありナッツのような風味が特徴です。強いチーズの旨味を感じられるオムレツに、さっぱりとしたトマトソースを合わせています。
 

 


 
今回いただいたメニューは、いずれもそれぞれ使用しているチーズの旨味を存分に活かした、個性豊かな味わいを生み出していました。今回は3店舗のみのご紹介でしたが、「とかちーずまつり」に参加している店舗は全部で52店舗。お店のジャンルも様々で、今までになかった新しいチーズメニューを提供しています。「とかちーずまつり」は2019年2月28日(木)までの開催ですので、この機会にぜひ「とかちーず」の魅力を堪能してください。
 
「とかちーずまつり」について詳しくはこちらをご覧ください:
https://mitsui-shopping-park.com/urban/special/19-005/19-005.pdf

Top