【ノエビア銀座ギャラリー】 ルドゥーテ「バラ図譜」×鶴田一郎 “美しさはバラのごとく”開催

img_169503_2

(会期:2018年11月5日~2019年1月11日)

 

フランス革命前後の時代、「バラの画家」と称えられ名声を博したピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ。マリー・アントワネットとナポレオン皇妃ジョゼフィーヌが愛した宮廷画家として知られています。
本展では、2019年ノエビアオリジナルカレンダーに使用されたルドゥーテの「バラ図譜」作品と、鶴田一郎が描く女性イラスト原画を展示いたします。
また、特別企画として、ご来場いただいた方には、2019年ノエビアオリジナルカレンダー(卓上タイプ)をプレゼントいたします。
※万一品切れの場合は、ご容赦ください。



 

【ルドゥーテ「バラ図譜」×鶴田一郎 “美しさはバラのごとく”】
入場無料
会期:2018年11月5日(月)~2019年1月11日(金)
開催時間:午前10時~午後6時 (土・日・祝日は午後5時まで)
会場:ノエビア銀座ギャラリー(東京都中央区銀座7-6-15 ノエビア銀座ビル1F)
主催:株式会社ノエビア
協力:コノサーズ・コレクション東京

 

「ルドゥーテ「バラ図譜」×鶴田一郎 “美しさはバラのごとく”」
サイトURL:https://gallery.noevir.jp/

 

■ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ プロフィール
1759年、現在のベルギー領サン・ユベール生まれ。画家であった父の手助けをしながら絵の技術を身につけ、13歳で職人として絵の修行に出る。その後、植物画の世界に入り、その正確さと芸術性から絶大な支持を集めた。「バラ図譜」に描かれるバラの植栽されているマルメゾン庭園に出入りするようになり、ナポレオン皇妃ジョゼフィーヌと接する。1789年頃には、王妃マリー・アントワネットに仕え、自然史博物館附き植物画家と図画講師を歴任した。

 

■お客さまからのお問い合わせ先
TEL:0120-401-001
(月~金/午前9時~午後5時 土・日・祝日・年末年始除く)

 


Top