ケータリングごはん「MOMOE」のお弁当「MOMOBENTO」、期間限定ポップアップショップを開催! 

main

パーティやイベントでのケータリング、レシピ開発や食にまつわるワークショップなどを行ってきた「MOMOE」。今回初めて、一般のお客様に向けて、3月31日・4月1日・4月2日にお弁当のポップアップショップ「MOMOBENTO」を開催。​
 
「MOMOE」が大切にしてきた、自然栽培や有機栽培のお野菜や無添加の調味料へのこだわりは、味はもちろん香りや彩りなど、自然の恵を素直に楽しむ、日本人らしい暮らしに根付いたものでした。
「MOMOBENTO」では、かつて農業を生業としてきた日本人が種まきや収穫のよりどころにしてきた「二十四節気(季節の移り変わりを知るために1年を24つに区分した暦)」をテーマに、四季の繊細な移ろいを舌でも目でも感じていただけるメニューを考案。「MOMOE」らしい、食材へのこだわりと、アートのように華やかでダイナミックな盛りつけをそのままに、四角い木箱のなかに季節を表現します。
 
今回、予約限定で販売する「MOMOBENTO」第一弾は「春分」。
お弁当の蓋を開けると、味、香、彩に富んだ、春のお弁当風景が広がります。
(ご予約方法は、下記「MOMOBENTO春分ご予約方法」欄をご覧ください。」
 
東京に桜が咲くこの季節に、桜の下でお召し上がり頂きたい予約販売限定の「MOMOBENTO 春分」や、(予約不要の)春のおにぎり、レモンケーキ、お酒のおつまみキンカンピクルスなど、当日数量限定で販売致します。
 
また、イートインスペースも設けていますので、お弁当をポップアップショップ内でお召し上がりいただくことも可能です。皆様にお会いできますのをMOMOBENTOスタッフ一同、楽しみにしております。



sub1

 

お品書き
春のおむすびのまわりには、お野菜を中心に、ホタルイカやちりめんなど海からの春の恵みもふんだんに使ったおかずを敷き詰めました。また、春の苦味を感じさせる菜の花や柚子、香りに変化を出すために桜塩やハイビスカスのお塩などのスパイスをアクセントに。桜の花びらの形を大根を、ふわりと添えて、春の五味と香り、彩りをお楽しみいただけるお弁当です。
 
お弁当1種「MOMOBENTO 春分」 2000円(消費税別)
・スチーム大根 柚子味噌
・松風焼き
・菜の花ちりめん
・紫キャベツ塩レモンサラダ
・カラフル人参のマスタードマリネ
・青梗菜と蛍烏賊
・鮭の照り焼き
・金柑のコンポート
・春のお結び 梅と桜塩漬け・味噌と桜紅芯大根・ハイビスカス塩
(季節の材料を使用しますので、食材の状況でメニューが一部変更となりますこと、ご了承くださいませ。)
 
 
「MOMOBENTO 春分」ご予約方法
「MOMOBENTO 春分」は、予約販売限定商品です。
下記サイトにて事前にご予約・お支払をお願いします。
http://momobento.bonbonservice.jp/
 
3月31日・4月1日・4月2日がお弁当のお受け渡し期間ですので、ご希望のお日取りを選択ください。また、食材を生産者から直送購入し、調理致します関係上、ご予約のキャンセルはお受け渡し日の7日前までとさせていただきます。
 
 
ポップアップ店舗・「MOMOBENTO春分」お渡し場所
「MOMOBENTO」ポップアップショップ 銀座・松崎煎餅跡地
〒104-0061 東京都中央区銀座4-3-11 松崎ビル2F
営業時間:AM11時~PM17時まで
 
 
「MOMOBENTO」のこだわり
 
① 体が喜ぶ自然栽培、有機栽培のお野菜
お野菜は、宮崎県綾町から産地直送された有機栽培のもの、また、自然栽培のお野菜を販売する「青果ミコト屋」から取り寄せたものなど、生産者がこだわって作っている旬のものを厳選して使用しています。また化学調味料や添加物は一切使わず、体に優しくおいしいメニューでご提供します。
 
②冷めても美味しいアイガモ米を使用。
「MOMOBENTO」で提供するごはんは、「アイガモ農法」で栽培された、島根県隠岐島海土町のコシヒカリを使用。アイガモが食べた草や虫がそのまま肥料となり、農薬に頼らず自然のなかですくすくと育ったお米は冷めても美味しく、お弁当にぴったり。
 
③アートピースのような美しい彩。
体に優しい食材を使いながらも、華やかでハッピーになれる「MOMOE」らしいダイナミックで美しい盛りつけが人気の秘密。「MOMOBENTO」では、四角い木箱のなかに、料理された食材だけを敷き詰めて、季節の彩りを見た目でも表現しました。
 
④シェアしたくなる、季節の物語。
しつらいとは、春夏秋冬の変化に彩られる日本風土の美を、暮らしに表現するおもてなしのこと。「MOMOBENTO」では、農業を営み土地とともに生きてきた日本人が、季節の移り変わりの標榜とした「二十四節気」をテーマに、作り手も、食べる方も、テーブルの隣にいる方も、みんなが旬の物語を共有できるお弁当をしつらえました。
 

「MOMOE」とは
稲垣晴代が主宰する、料理研究・フードケータリングユニット。無農薬野菜をふんだんに使った“体にもおいしい”ごはんを提供し、特に、アート作品のような美しくダイナミックな盛りつけで人気に。パーティなどでのケータリングのほか、雑誌やイベントでも活躍中。著書に『常備菜のっけ弁当』(宝島社)、『MOMOEの作りおき』(宝島社)、『ピクルス&マリネ サラダみたいに作る、楽しむ』(グラフィック社)がある。

Top